WILL FAIR TOKYO 0120-123-456
ホーム会社概要











企業案内(PDF)
プライバシーポリシー


営業カレンダー

企業概略
株式会社ゴーナイエレック 
〒958-0052

新潟県村上市八日市10-10
TEL:0254-56-6265

・東京設計室
東京都千代田区神田神保町
3丁目2番地
九段ロイヤルビル2F


●生産・受注品目
航空機内装ユニット組立
変圧器用巻線
電子機器設計
半田付け(ハンダ付け)
表面実装(SMT )
電気機器組立・梱包
電子部品販売


回路設計・筐体設計に対応



ゴーナイエレックの東京設計開発室では回路設計及び筐体設計を行っており、モノづくりの原点である設計から取り組み完成品までご提供できるEMS生産(Electronics Manufacturing Service)に対応しております。



●ワンストップ生産でサポートします。

お客様は製品を企画し、仕様の決定と評価するだけの製品プロデュースを実現できます。

また保守や修理といったアフターサービスもフォローできますので、お客様は次の製品に集中できます。

部品調達でも電子部品、プラスチック筐体、板金筐体、各種部品も設計、調達が可能です。

電子部品では数百種類のCR部品を標準在庫として持っており、すばやく、確実なモノづくりでお客様の負担を軽減できます。


もちろん初期設計から試作までといった切り離した製品開発でもご相談ください。

開発設計とモノづくりが一体となるからできる高品質低価格なモノづくり
モノづくりは40年、基板アッセンブリは30年以上の経験と実績で設計段階から現場から意見を取り入れ安く、不良の少ない製品設計を行っております。

設計に不具合があると最先端の工場でも時間がかかる製品作り、不良の多い製品作りとなってしまい結果的に非常に高価な製品になります。
弊社では設計段階で現場の意見を取り入れた設計を行うので非常に安定したバランスのとれた製品開発・生産を実現しています。

■対応可能な開発案件
FA・OA関係のハードウェア・ソフトウェア開発
FA・OA関係のシステム開発
コンピュータ関連機器の開発およびOEM販売

■開発実績
1.マイクロ・コンピュータ応用製品全般のハードウェアおよびファームウェア
(1) マイクロ・コンピュータ開発支援装置開発
(2) OA・FA汎用ボード開発(マルチバス、VME、AT、マイクロチャネル)
(3) 高解像度インテリジェント・グラフィック端末装置開発
(4) VIDEO画像入力装置開発
(5) VIDEO画像伝送システム装置開発
(6) FAシーケンシャル・コントローラ装置開発
(7) 自動車関連、実験データ収集システム装置開発
(8) 放送設備コントロールシステム開発
(9) アミューズメント関連データ収集システム開発
(10)その他

2.アナログ信号とデジタル信号インターフェース
(1) FA汎用 A/D−C、D/A−C ボード開発
(2) VIDEOインターフェース開発
(3) CATV用 UP DATA UNIT(PSK送信器)、DOWN DATA UNIT
(FSK受信器)および、PLLコントローラ開発
(4) TV、AM、FM放送帯のフロントエンド開発
(5) 高解像度グラフィック・ターミナルCRT開発
(6) 0.1μm 分解能測定器(モアレ縞を利用)開発
(7) 自動車 精密位置検出システム開発
(8) 自動車関連各種センサー(加速度、傾斜角、変位、速度、歪、等)
(9) 警視庁モンタージュシステム、画像取り込みインターフェース開発
(10)コピーマシン カウントシステム用、磁気カードリーダーライター開発
(11)コピーマシン カウントシステム用 管理用インターフェース開発
(12)コピーマシン機器、DATA収集用 特定小電力無線トランシーバー開発
(13)携帯電話後位端末インターフェースを使用した、指紋収集DATA転送装置開発
(14)携帯電話後位端末インターフェースを使用した、介護ヘルパー用微弱無線
    送受信ユニット開発
(15)スマートカード用、RFID(ISO14443-A,B,C)NFCリーダーライター開発
(16)各種指紋センサー(静電・熱・光学)読み取り照合装置開発
(17)その他 

 以上、ハードウェアの開発は、対環境に対し、UL、CSA、FCC、VCCI等の規格を
考慮に入れた、信頼性技術をもって、企画から開発、設計、製造まで総合システム力と
技術力でOEM供給を展開してまいりました。


製品実績はこちらをご覧ください。→生産活動

3.アプリケーション・ソフトウェア
(1) 前項1、2でのファームウェア
(2) アセンブラおよび、高級言語(C言語{C・C++・C#}、PASCAL、BASIC等)によるプログラム開発
(3) パーソナルコンピュータのアプケーションおよび、ユーティリティ・プログラム開発
(4) 各CPUのアセンブラ・プログラム開発


リンク


Copyright (c) 2002 Gonaielec. All Rights Reserved